糖質 過剰摂取

糖質の過剰摂取をやめるのが肝心

 

体内のエネルギー生産のしくみが解糖エンジンから
ミトコンドリアエンジンへと切り替わるのはいわば
自然の摂理で、誰にもとめられる事ではありません。

 

わたしたちはその変化にうまく対応して生きていかな
ければならないのです。

 

このように50歳前後を境に、主たるエネルギー源が
「糖質」から「酸素」に切り替わってきたのに
若い頃と同じ様な生活を送っていれば、体に悪影響が
及ばないはずがありません。

 

特に解糖エンジンの働きが弱まってきたのに、普段の
食事で相変わらず糖質が高いものばかりを沢山とって
いれば、血糖が余って高血糖を招きやすくなります。

 

にもかかわらず、若い時のようにご飯やパン
麺類などで糖質を主食として過剰に摂り続けていれば
血糖コントロールが上手くいかなくなり、本格的な糖尿病
になる危険性が高まるのは無理もないことでしょう。

 

後ほど詳しく紹介しますが、糖尿病はまさに
万病の元凶で脳膜症、腎症、神経障害といった
三大合併症を招くほか、全身の動脈効果を速めて
心筋梗塞、脳卒中、認知症、ガンなどを引き起こす
大きな原因にもなります。

 

ここまでの事実から、糖尿病をはじめとする重大な病気
が50歳以降に急に増える理由がわかると思います。

 

そして、これらの病気を防ぎ、健康で長生きの生活を
実現するためには、今なお中高年が続けている
「糖質の過剰摂取」をやめる事がなにより先決であることは
いうまでもありません。