糖質制限食の体験談

高糖質・低カロリー食だけでは血糖が改善せず

 

 

わたしも糖質制限を始めたら10キロ減に成功し
10年来の糖尿病、脂質異常まで治り肌も髪も若返った!

 

わたしが50歳以上のみなさんに糖質制限食をすすめる
のにはそれなりの理由があります。

 

一番の理由は、わたし自身が糖質制限食で糖尿病の
克服に成功したからにほかなりません。

 

今年60歳になるわたしは、28歳の時から毎年夏になると
インドネシアに渡って海外での仕事を続けています。

 

その間、気温30度を超える現地の暑さと激務による
脱水症状を防ぐために、毎日スポーツドリンクを
大量にがぶ飲みしていました。

 

そんな生活を1週間も続けていると、尿がやけに泡立つ
ようになってきたのです。

 

慌てて血糖値(空腹時)を測ってみたら
なんと500ミリグラムに達していました。

 

因みに基準値では110ミリグラムが正常
126ミリグラム以上で糖尿病と診断される数値です。

 

これは今で言う清涼飲料水の飲みすぎによる
糖尿病(ペットボトル症候群)に陥っていたわけです。

 

帰国後、わたしは糖尿病専門医の指導のもと、糖尿病学会が
推奨する食事療法を実践しました。

 

その食事内容は、エネルギーの約6割を糖質からとる
「高糖質と低カロリー食」からでした。

 

しかし、食欲を我慢して低カロリー食を辛抱強く
続けても高血糖は全く改善しません。結局その時は
インスリン療法ですい臓を休めることで、血糖値を抑える
事ができました。

 

 

糖質制限を始めたら糖尿病が劇的に改善

 

ところが、3年前の夏、空腹時に血糖値が再び450ミリグラム
まで上がってしまいました。

 

これは相当なショックで納得できない結果でした。
10年近く、好物の肉類を我慢し、摂取カロリーの約6割を
ご飯やパン、麺類でとる高糖質・低カロリーの食事指導を
健気にも守り続けてきていたからです。

 

このままわたしはどうなってしまうのだろうか…
と悩んでいた時、ある糖尿病研究の論文で知ったのが
ミトコンドリアエンジンが主に働く年代になって必要なのは
カロリー制限ではなく、糖質制限であるというものでした。

 

かくしてわたしは最後の望みをかけ
糖質制限を始めてみました。すると開始前に11%を超えていた
ヘモグロビンA1cがみるみる下がり、3ヶ月後には6.5%を
下回りました。

 

さらに300ミリグラムを超えていた中性脂肪値も
2ヶ月後に基準値に落ち着きました。体重も自然に10キロほど
落ち、なんだか髪も肌もツヤツヤしてきた感じがします。

 

その後は再び糖尿病に悩まずにすんでいるのが
なによりとても嬉しい事です。